• Instagram
  • Facebook
  • HANATOMO ONLINESHOP
  • お知らせ一覧
  • 届けたいメッセージ
    • 会社概要
    • 施設情報
    • 採用情報
  • 私達の事業紹介
    • ウェディング
    • フューネラル
    • メディア掲載
    • イベント
    • 店舗
  • 地域プロジェクト
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

スタッフブログ

2019.06.13
【専務ブログ更新♪】「先週のニュースから」の巻

 

みなさん、こんにちは。

 

 

日本各地では梅雨入りして、

ジメジメとした日が多くなってきましたね。

 

 

そんな中、

先週の世界のニュースでは、

 

 

インド の ラジャスタン州で

50℃を超える気温を記録したそうです。

 

道路のアスファルトも溶けるほどの暑さ🥵

 

 

インド ラジャスタン州の青い都市

 

 

 

この季節に日本にいる私たちには、

なかなか実感できないですし、

過去にも経験したことのない暑さですが、

 

外に出るのも危険なほどの状態なのだと思います。

 

 

その後のインドの天気が気になり調べてみたら、

ここ何日間は40℃前後にまで落ち着いてきたようですね。

 それを見て少し安心しました😌

 

インドの平均気温でも、6月は雨季の始まりで

特に北部地域 デリー周辺の最高気温は

40℃前後になるようですね。

 

 

インドの国内でも東西南北の各地域により

気候・気温にかなり差があるようです。

 

 

そのような気候で暑さの厳しいインド、ここに育つ花たちはどうなってしまうのか心配ですね。

 

 

 

 

 

 

 

仏教発祥の国でもある

インドの国花は⁉︎

 

 

 

見た目にも神秘的な  

「 ハス 」

 

 

 

 

 

 

 

 

仏教においてハスは知性や慈悲の象徴であり、

極楽浄土に咲く花とされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この花に関する、私の今まで持っていた知識では、

 

 

ハスは泥水の中でも育ち、花を咲かせることができる植物だと思っていましたが、

 

ちょっと捉え方が違っていたようで⁉︎

 

 

ハスは

“泥水がなければ大きな花を咲かせることができず、

きれいな水の中だと小さな花しか咲かせることができない”

とも言われているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

中国には、

「ハスは泥(デイ)より出でて、泥(デイ)に染まらず」ということわざもあります。

 

 

また、お釈迦様は、

「人は苦しみや悲しみなしには、成長できない」と説きました。

 

 

 

お釈迦様やハスの花が私たちに伝えるメッセージは、

なかなか奥が深いですね(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

もともと私が思っていたインドという国のイメージは、

暑さも厳しく、数学が得意で、IT国家、カレーの国、治安があまり良くない⁉︎

などなど表面的な事しか知らなかったのですが・・・

 

 

 

だけど、なんだか神秘的で気になる国

インド🇮🇳

 

 

 

 

 

 

 

先日インドに勉強しに行ってみたいと思わされる情報をいただき、

いつかは行ってみたい国の一つに加わりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

日本のみならず、世界各地の気候変動が何より気になるところではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました😊

 

 

 

 

 

Facebook

ブログ

2019.06.13
【専務ブログ更新♪】「先週のニュースから」の巻

 

みなさん、こんにちは。

 

 

日本各地では梅雨入りして、

ジメジメとした日が多くなってきましたね。

 

 

そんな中、

先週の世界のニュースでは、

 

 

インド の ラジャスタン州で

50℃を超える気温を記録したそうです。

 

道路のアスファルトも溶けるほどの暑さ🥵

 

 

インド ラジャスタン州の青い都市

 

 

 

この季節に日本にいる私たちには、

なかなか実感できないですし、

過去にも経験したことのない暑さですが、

 

外に出るのも危険なほどの状態なのだと思います。

 

 

その後のインドの天気が気になり調べてみたら、

ここ何日間は40℃前後にまで落ち着いてきたようですね。

 それを見て少し安心しました😌

 

インドの平均気温でも、6月は雨季の始まりで

特に北部地域 デリー周辺の最高気温は

40℃前後になるようですね。

 

 

インドの国内でも東西南北の各地域により

気候・気温にかなり差があるようです。

 

 

そのような気候で暑さの厳しいインド、ここに育つ花たちはどうなってしまうのか心配ですね。

 

 

 

 

 

 

 

仏教発祥の国でもある

インドの国花は⁉︎

 

 

 

見た目にも神秘的な  

「 ハス 」

 

 

 

 

 

 

 

 

仏教においてハスは知性や慈悲の象徴であり、

極楽浄土に咲く花とされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この花に関する、私の今まで持っていた知識では、

 

 

ハスは泥水の中でも育ち、花を咲かせることができる植物だと思っていましたが、

 

ちょっと捉え方が違っていたようで⁉︎

 

 

ハスは

“泥水がなければ大きな花を咲かせることができず、

きれいな水の中だと小さな花しか咲かせることができない”

とも言われているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

中国には、

「ハスは泥(デイ)より出でて、泥(デイ)に染まらず」ということわざもあります。

 

 

また、お釈迦様は、

「人は苦しみや悲しみなしには、成長できない」と説きました。

 

 

 

お釈迦様やハスの花が私たちに伝えるメッセージは、

なかなか奥が深いですね(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

もともと私が思っていたインドという国のイメージは、

暑さも厳しく、数学が得意で、IT国家、カレーの国、治安があまり良くない⁉︎

などなど表面的な事しか知らなかったのですが・・・

 

 

 

だけど、なんだか神秘的で気になる国

インド🇮🇳

 

 

 

 

 

 

 

先日インドに勉強しに行ってみたいと思わされる情報をいただき、

いつかは行ってみたい国の一つに加わりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

日本のみならず、世界各地の気候変動が何より気になるところではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました😊

 

 

 

 

 

Facebook