• Instagram
  • Facebook
  • HANATOMO ONLINESHOP
  • お知らせ一覧
  • 届けたいメッセージ
    • 会社概要
    • 施設情報
    • 採用情報
  • 私達の事業紹介
    • ウェディング
    • フューネラル
    • メディア掲載
    • イベント
    • 店舗
  • 地域プロジェクト
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

スタッフブログ

2019.08.08
【専務ブログ更新♪】「根っこ🌱の割合」の巻

 

 

 

みなさん、こんにちは☀️

 

 

連日、どこに行っても同じ挨拶が交わされていることと思いますが、

 

 

暑いですねー💦

 

 

 

私たちの業界はお花を車に積み込んで、現場にお花を飾り付けに出向いていきます。

暑い外で作業する時間も多くあります。

そのような暑さの中でもお客様のために頑張ってくれているスタッフが沢山います。

本当に感謝しかありません。

 

 

みんな、ありがとうございます。

 

 

みなさんの中にも同じように暑さの中、お仕事されている方もいらっしゃると思います。

 

厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。

 

 

 

 

人間にとって厳しい暑さですが、

植物たちもこの暑さの中、身動きをとる事も出来ずに頑張っています。

 

 

 

 

7月は雨ばかりでしたが、梅雨があけた途端にこの天気です。

 

 

きっと植物たち同士が、

土の中で水分や栄養をめぐって激しい戦いを繰り広げられていることでしょう。

 

 

 

草花たちは、草食動物に食べられてしまうこともあるため、いつでも再生出来るようにしておかなければなりません。

 

 

また先ほど伝えたように、土の中で隣の草花に水や栄養を取られないようにしなければなりません。

 

 

そのような環境に打ち勝つために大抵の草花の体は、

全体の5分の4ほどは土の中に埋まっています。

 

 

 

もちろん植物の種類によって地下部と地上部の比率は大きく異なります。

一つの個体として、地下にある根の部分と、

地上に出ている幹や茎、枝、葉、花の部分の相対比を

TR比という指標で示されるそうです。

TTOP (地上部)

RROOT(地下部)

 

 

 

それに対して大きな木は、どうでしょうか?

 

 

もちろん貧弱な根っこ(地下部)ではすぐに倒れてしまいますが、

全体の割合からすると地上部が地下部の5倍もの比重を占めているのだそうです。

 

 

 

 

 

木は日光を浴びなければ生長できないので、隣の木に負けないように上と伸びるよう幹や枝に栄養をまわして大きく育つようになっているのです。

 

 

 

 

 

こうしていつでも

『再生』したり、『生長』出来るよう

植物には遺伝子が組まれているのでしょう!

 

 

 

 

 

植物の世界も不思議な事が沢山あります。

 

 

 

今週も最後まで読んでいただきましてありがとうございました😊

 

 

 

Facebook

ブログ

2019.08.08
【専務ブログ更新♪】「根っこ🌱の割合」の巻

 

 

 

みなさん、こんにちは☀️

 

 

連日、どこに行っても同じ挨拶が交わされていることと思いますが、

 

 

暑いですねー💦

 

 

 

私たちの業界はお花を車に積み込んで、現場にお花を飾り付けに出向いていきます。

暑い外で作業する時間も多くあります。

そのような暑さの中でもお客様のために頑張ってくれているスタッフが沢山います。

本当に感謝しかありません。

 

 

みんな、ありがとうございます。

 

 

みなさんの中にも同じように暑さの中、お仕事されている方もいらっしゃると思います。

 

厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。

 

 

 

 

人間にとって厳しい暑さですが、

植物たちもこの暑さの中、身動きをとる事も出来ずに頑張っています。

 

 

 

 

7月は雨ばかりでしたが、梅雨があけた途端にこの天気です。

 

 

きっと植物たち同士が、

土の中で水分や栄養をめぐって激しい戦いを繰り広げられていることでしょう。

 

 

 

草花たちは、草食動物に食べられてしまうこともあるため、いつでも再生出来るようにしておかなければなりません。

 

 

また先ほど伝えたように、土の中で隣の草花に水や栄養を取られないようにしなければなりません。

 

 

そのような環境に打ち勝つために大抵の草花の体は、

全体の5分の4ほどは土の中に埋まっています。

 

 

 

もちろん植物の種類によって地下部と地上部の比率は大きく異なります。

一つの個体として、地下にある根の部分と、

地上に出ている幹や茎、枝、葉、花の部分の相対比を

TR比という指標で示されるそうです。

TTOP (地上部)

RROOT(地下部)

 

 

 

それに対して大きな木は、どうでしょうか?

 

 

もちろん貧弱な根っこ(地下部)ではすぐに倒れてしまいますが、

全体の割合からすると地上部が地下部の5倍もの比重を占めているのだそうです。

 

 

 

 

 

木は日光を浴びなければ生長できないので、隣の木に負けないように上と伸びるよう幹や枝に栄養をまわして大きく育つようになっているのです。

 

 

 

 

 

こうしていつでも

『再生』したり、『生長』出来るよう

植物には遺伝子が組まれているのでしょう!

 

 

 

 

 

植物の世界も不思議な事が沢山あります。

 

 

 

今週も最後まで読んでいただきましてありがとうございました😊

 

 

 

Facebook