• Instagram
  • Facebook
  • HANATOMO ONLINESHOP
  • お知らせ一覧
  • 届けたいメッセージ
    • 会社概要
    • 施設情報
    • 採用情報
  • 私達の事業紹介
    • ウェディング
    • フューネラル
    • メディア掲載
    • イベント
    • 店舗
  • 地域プロジェクト
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

スタッフブログ

2018.10.23
【てっさんブログ更新♪】「ガンになっちゃった」の巻

 

 

 

「ガンになっちゃった」

 

 

 

朝、2コ下の妹が乳ガンになったと母親に言われた。

泣きながら言われた。

少し考えたけど

 

「で?」

 

って言うのが精いっぱいだった。

 

よく聞くと、今日は9月23日。最終の検査結果が出るのが9月29日だという。

まだ決まったわけじゃない。

けど、“死”が目の前にいきなりやってきた。

 

 

…どうしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっぶねぇ!

 

結果から言うとセーフ!

セーフでしたー!

 

腫瘍は腫瘍だけど良性で、問題はないそうです。

よかったよぉ。本当によかった。

 

遠くにあるはずの“死”が突然ずっと隣にいるような6日間。生きた心地がしなかったですよ。

マジで恐るべし本厄。

遅くなりました。

どーも。痛恨の一撃を寸前でかわした“てっさん”です。

 

 

最初に聞いてから3日後、大國魂神社に行ってお祓いをしてもらいました。

こういう事しかできない。本当に神頼みです。

「かしこみかしこみ~」って。

お祓い料は1万円。妹を思えばそんなの屁でもない。

念のため帰りにお賽銭を500円…。しかしこれが人間の性分か、1万円は全然いいんだけど500円を握る手が重い重い。

「えいっ、くれてやれ!」

でっかい音で二礼二拍手一礼、滲ませながらお祈りしたのも初めてでした。

 

 

 

 

花智は葬儀の仕事をさせてもらってて、僕も携わってて、普通よりは葬儀を知っているつもり。

だけど、

葬儀を行う人達は葬儀の前に必ずこういった背景があって、やるせない気持ちもあって。

もちろんお祝いも一緒で花を必要とする時、その出来事の前には色んな人達の背景が必ずあるんだなって。

 

 

 

不思議なもので、花には制作者の想いが宿ります。

形は一緒でも気持ちがこもってるものと淡々と制作したものでは、やっぱり違う。

きっと“こだわり”っていうのは、背景をしっかりと見る、想像する事なんだなって思いました。

 

なかなか掴み取れないような話だけど、この経験でなにか大切な事を知ったような気がする。

もう二度としたくないけどね。

 

 

 

「ガンになっちゃった」

 

 

 

これ、見事に俺の中の

2018年トラウマワード大賞グランプリに輝きました。

 

 

…やれやれ。

 

 

では。今日はこの辺で。

 

さぁ!一日を、楽しんでいきましょー!\(^▽^)/

 

Facebook

ブログ

2018.10.23
【てっさんブログ更新♪】「ガンになっちゃった」の巻

 

 

 

「ガンになっちゃった」

 

 

 

朝、2コ下の妹が乳ガンになったと母親に言われた。

泣きながら言われた。

少し考えたけど

 

「で?」

 

って言うのが精いっぱいだった。

 

よく聞くと、今日は9月23日。最終の検査結果が出るのが9月29日だという。

まだ決まったわけじゃない。

けど、“死”が目の前にいきなりやってきた。

 

 

…どうしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっぶねぇ!

 

結果から言うとセーフ!

セーフでしたー!

 

腫瘍は腫瘍だけど良性で、問題はないそうです。

よかったよぉ。本当によかった。

 

遠くにあるはずの“死”が突然ずっと隣にいるような6日間。生きた心地がしなかったですよ。

マジで恐るべし本厄。

遅くなりました。

どーも。痛恨の一撃を寸前でかわした“てっさん”です。

 

 

最初に聞いてから3日後、大國魂神社に行ってお祓いをしてもらいました。

こういう事しかできない。本当に神頼みです。

「かしこみかしこみ~」って。

お祓い料は1万円。妹を思えばそんなの屁でもない。

念のため帰りにお賽銭を500円…。しかしこれが人間の性分か、1万円は全然いいんだけど500円を握る手が重い重い。

「えいっ、くれてやれ!」

でっかい音で二礼二拍手一礼、滲ませながらお祈りしたのも初めてでした。

 

 

 

 

花智は葬儀の仕事をさせてもらってて、僕も携わってて、普通よりは葬儀を知っているつもり。

だけど、

葬儀を行う人達は葬儀の前に必ずこういった背景があって、やるせない気持ちもあって。

もちろんお祝いも一緒で花を必要とする時、その出来事の前には色んな人達の背景が必ずあるんだなって。

 

 

 

不思議なもので、花には制作者の想いが宿ります。

形は一緒でも気持ちがこもってるものと淡々と制作したものでは、やっぱり違う。

きっと“こだわり”っていうのは、背景をしっかりと見る、想像する事なんだなって思いました。

 

なかなか掴み取れないような話だけど、この経験でなにか大切な事を知ったような気がする。

もう二度としたくないけどね。

 

 

 

「ガンになっちゃった」

 

 

 

これ、見事に俺の中の

2018年トラウマワード大賞グランプリに輝きました。

 

 

…やれやれ。

 

 

では。今日はこの辺で。

 

さぁ!一日を、楽しんでいきましょー!\(^▽^)/

 

Facebook