• Instagram
  • Facebook
  • HANATOMO ONLINESHOP
  • お知らせ一覧
  • 届けたいメッセージ
    • 会社概要
    • 施設情報
    • 採用情報
  • 私達の事業紹介
    • ウェディング
    • フューネラル
    • メディア掲載
    • イベント
    • 店舗
  • 地域プロジェクト
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

スタッフブログ

2019.04.18
【専務ブログ更新♪】「やっぱり花が好き」の巻

 

みなさん、こんにちは。

 

 

いや~

1週間ってあっという間ですね(^^)

今週も専務ブログよろしくお願いいたします✨

 

 

先週の4月12日、

JFTD 花キューピット主催

フラワーデザインコンテストIN大阪

が開催されました。

 

 

 

 

この競技は例年東京で開催されているイベント

FLOWER DREAM in TOKYO

 

 

今年は、来年の東京オリンピック開催の影響で大阪で開かれました。

 

 

 

会場、そして内容ともに少し規模を縮小しての開催でしたが、コンテストはいつも通り素晴らしい作品ばかりでした。

 

 

私、専務も作品を観に行って参りました!

 

 

 

 

 

 

このコンテストで一番上のカテゴリーである、

『ジャパンカップ』

 

歴史は古く、昭和37年に始まり、

当時は、『コサージコンテスト』という名称だったそうです。

 

昭和47年に『フローリストコンテスト』に改称され、

平成2年の大阪花博以降、現在の『ジャパンカップ』となったのだそうです。

 

 

名称だけでなく、内容・形を変えながら、50年以上もコンテストが続けられてきたのだという事に驚きました。

 

 

ジャパンカップ 予選作品

93作品

 

 

各地方予選を勝ち抜いてきた93人の方々が、この日のために何日も時間を費やして作り込みをして、この日の競技に挑みました。

 

 

ここに来られるだけでも凄いことです!

 

 

この中からセミファイナルに進むための審査が行われ、

20人に絞られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の“せきやくん”もこの93人に加わりましたが、

惜しくも20人に残ることが出来ませんでした。

 

 

例年は東京開催の為、作品の運び込みも比較的容易には出来ましたが、

今年は府中から大阪まで車で運ぶという事で、色々と工夫をして苦労も多かったことと思います✨

 

 

アシスタント・サブアシスタントで同行してくれた2人も準備・運転、そして現地でのサポートと大変頑張ってくれました!

 

 

他にも会社にて通常業務の対応をしてくれたみんな、

このコンテストの為に影から支えてくれた人たちがたくさんいます。

 

 

資材の手配、花材の手配、その他にもたくさんの準備!

みんなの合作だと思って作品を観させてもらいました。

 

 

 

 

 

※関谷くんの作品は、またどこかの投稿にて見ていただければ嬉しいです‼️

 

 

 

 

当社せきやくんの作品以外も

制作者の想いが詰まっていて、

特別な技術や発想力‼︎

どれも素晴らしい物ばかりでした。

 

 

 

セミファイナルは花束制作

 

花束を組んでいくのは、残り10分~15分で仕上げていきます!

 

それまでの作業は花材の下処理とデザインの構想が7割

 

 

これぞ日々の仕事が試されるというか、

生きてくる瞬間なのだと見ていて実感しました。

 

 

この緊張感、心を解放しながらも素晴らしい集中力だなと思います。

 

 

 

最終ファイナルは更に絞られ、10人による競技

 

 

テーマは

「煌めきの星空」

規定の機材を使って、規定の資材・花材を使って

仕上げていきます。

 

 

緊張の1時間ですが、見ていてもあっという間に時間が経ってしまいます。

 

 

 

 

 

ここに来られなかった何百人というチャレンジャーの方もいらっしゃいますが、挑戦するという意気込みが素晴らしいことだと思います。

 

 

この競技10年20年と花屋さんとして、

日々の努力の積み重ねから経験・実力をつけていき、

その間に、年に一度のこの競技に何度も何度もチャレンジしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

今年こそという思いで一番を目指している方もいらっしゃれば、

何度もタイトルを獲得している方も、

仲間と戦い、また自分とも戦いながら更なる高みを目指している方もいらっしゃいます。

 

 

 

このジャパンカップ、

セミファイナル、ファイナル、全てを通して目にしたのは今回が初めてでしたが、

この魅力に取り憑かれる意味がわかったような気がします(^^) 

 

 

 

出場している方たちに共通して言えることは、

 

みんな花が好きということ♪

 

今週も最後まで読んでいただきましてありがとうございました😊

 

 

Facebook

ブログ

2019.04.18
【専務ブログ更新♪】「やっぱり花が好き」の巻

 

みなさん、こんにちは。

 

 

いや~

1週間ってあっという間ですね(^^)

今週も専務ブログよろしくお願いいたします✨

 

 

先週の4月12日、

JFTD 花キューピット主催

フラワーデザインコンテストIN大阪

が開催されました。

 

 

 

 

この競技は例年東京で開催されているイベント

FLOWER DREAM in TOKYO

 

 

今年は、来年の東京オリンピック開催の影響で大阪で開かれました。

 

 

 

会場、そして内容ともに少し規模を縮小しての開催でしたが、コンテストはいつも通り素晴らしい作品ばかりでした。

 

 

私、専務も作品を観に行って参りました!

 

 

 

 

 

 

このコンテストで一番上のカテゴリーである、

『ジャパンカップ』

 

歴史は古く、昭和37年に始まり、

当時は、『コサージコンテスト』という名称だったそうです。

 

昭和47年に『フローリストコンテスト』に改称され、

平成2年の大阪花博以降、現在の『ジャパンカップ』となったのだそうです。

 

 

名称だけでなく、内容・形を変えながら、50年以上もコンテストが続けられてきたのだという事に驚きました。

 

 

ジャパンカップ 予選作品

93作品

 

 

各地方予選を勝ち抜いてきた93人の方々が、この日のために何日も時間を費やして作り込みをして、この日の競技に挑みました。

 

 

ここに来られるだけでも凄いことです!

 

 

この中からセミファイナルに進むための審査が行われ、

20人に絞られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の“せきやくん”もこの93人に加わりましたが、

惜しくも20人に残ることが出来ませんでした。

 

 

例年は東京開催の為、作品の運び込みも比較的容易には出来ましたが、

今年は府中から大阪まで車で運ぶという事で、色々と工夫をして苦労も多かったことと思います✨

 

 

アシスタント・サブアシスタントで同行してくれた2人も準備・運転、そして現地でのサポートと大変頑張ってくれました!

 

 

他にも会社にて通常業務の対応をしてくれたみんな、

このコンテストの為に影から支えてくれた人たちがたくさんいます。

 

 

資材の手配、花材の手配、その他にもたくさんの準備!

みんなの合作だと思って作品を観させてもらいました。

 

 

 

 

 

※関谷くんの作品は、またどこかの投稿にて見ていただければ嬉しいです‼️

 

 

 

 

当社せきやくんの作品以外も

制作者の想いが詰まっていて、

特別な技術や発想力‼︎

どれも素晴らしい物ばかりでした。

 

 

 

セミファイナルは花束制作

 

花束を組んでいくのは、残り10分~15分で仕上げていきます!

 

それまでの作業は花材の下処理とデザインの構想が7割

 

 

これぞ日々の仕事が試されるというか、

生きてくる瞬間なのだと見ていて実感しました。

 

 

この緊張感、心を解放しながらも素晴らしい集中力だなと思います。

 

 

 

最終ファイナルは更に絞られ、10人による競技

 

 

テーマは

「煌めきの星空」

規定の機材を使って、規定の資材・花材を使って

仕上げていきます。

 

 

緊張の1時間ですが、見ていてもあっという間に時間が経ってしまいます。

 

 

 

 

 

ここに来られなかった何百人というチャレンジャーの方もいらっしゃいますが、挑戦するという意気込みが素晴らしいことだと思います。

 

 

この競技10年20年と花屋さんとして、

日々の努力の積み重ねから経験・実力をつけていき、

その間に、年に一度のこの競技に何度も何度もチャレンジしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

今年こそという思いで一番を目指している方もいらっしゃれば、

何度もタイトルを獲得している方も、

仲間と戦い、また自分とも戦いながら更なる高みを目指している方もいらっしゃいます。

 

 

 

このジャパンカップ、

セミファイナル、ファイナル、全てを通して目にしたのは今回が初めてでしたが、

この魅力に取り憑かれる意味がわかったような気がします(^^) 

 

 

 

出場している方たちに共通して言えることは、

 

みんな花が好きということ♪

 

今週も最後まで読んでいただきましてありがとうございました😊

 

 

Facebook