• Instagram
  • Facebook
  • HANATOMO ONLINESHOP
  • お知らせ一覧
  • 届けたいメッセージ
    • 会社概要
    • 施設情報
    • 採用情報
  • 私達の事業紹介
    • ウェディング
    • フューネラル
    • メディア掲載
    • イベント
    • 店舗
  • 地域プロジェクト
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

スタッフブログ

2020.02.20
【専務ブログ更新♪】「日本とフィリピンの架け橋 2020①」の巻

 

 

 

みなさん、こんにちは。

 

 

新型コロナウィルスの感染が広がり

心配されるところではあります。

 

手洗い・うがいなど自分に出来る対策を続けておきましょう。

 

早く流行の終息を願うばかりです。

 

 

 

 

 

話は変わり

先々週のことになりますが、

専務は今年も

フィリピン・ミンダナオ島

ダバオ市に行ってまいりました。

 

 

目的は、

今年も、

そうです‼︎

 

 

当社のお取引先の会長様が生まれ育った

この地

この地に学校を建てられ、

そして、ここに日本の野球を広め、

ダバオの子供たちに夢を持ってもらいたい!

そのような想いではじまった

 

 

DAVAO CITY BASEBALL CUP

この開催にあたって

ボランティア活動のお手伝いとして

毎年同行させていただいております。

 

 

この大会も

14回を迎えました

 

 

私自身としては

今年で7年目の訪問となりました。

 

 

毎年少しずつ大会運営も充実し、盛大になってきていると感じます。

 

 

 

長きにわたりスポンサードされているのは

東京吉祥寺ライオンズクラブさんの

国際ボランティア活動

であります。

 

 

そして現地の多くの方々・各種団体様、たくさんのお力添えにより

この大会が行われている事が素晴らしい事だと思います。

 

 

 

 

※今年も盛大に出迎えてくれました

 

 

 

ここ何年かでは、フィリピンの教育省の支援が強化され始め、

大会会場の学校では設備も少しずつ整い、

ホスピタリティも整えていただいていて

過ごしやすい環境になっています。

 

 

また今年の1月には、JICA(国際協力機構)様のご支援により、

読売巨人軍による野球教室が開催され、

ダバオ市の子供たち200人近くがプロ野球選手から直接指導してもらえる機会もできました。

 

 

このフィリピン・ダバオ市に野球が本当に根付き始めていることを実感します。

 

 

 

今年の大会期間中にも、

関係者の方々との話の中に何度か出てきたお言葉は、

このダバオ市からプロ野球選手を育て、日本のプロ野球にデビューさせられないか‼️

というお話が出ていました。

 

 

 

 

 

プレイを見ていても、

潜在能力の高い選手もいます。

育て方や環境が整えば十分に通用する子たちが生まれてきそうです。

 

 

考えただけでもワクワクする話です。

 

ただし現実はそんなに簡単なことではないのは確かだと思います。

その実現に近づいていくために、たくさんの方々がこの15年近く支援を積み重ねてきたのだと思います。

 

 

これだけの活動をここまで継続されてきたことの

 

大きさ

 

深さ 

 

 

7年間、毎年その変化を共に見させていだけたお陰で、

この活動の 大きさ・深さを少しだけ理解出来るようになってきた気がします。

 

 

表面的な事を見て感じることは簡単ですが、

継続する中には、

やり方・関わり方・支援の仕方

変化していくものなんだと思います。

 

 

是非この大会が、より良い活動となっていくように微力ながら関わらせていただけたらと思います。

 

 

 

 

来週もダバオからの情報をお伝えします。

 

 

去年もおじゃました花屋さんをレポートします。

それではまた来週お会いしましょう(^^)

 

 

 

Facebook

ブログ

2020.02.20
【専務ブログ更新♪】「日本とフィリピンの架け橋 2020①」の巻

 

 

 

みなさん、こんにちは。

 

 

新型コロナウィルスの感染が広がり

心配されるところではあります。

 

手洗い・うがいなど自分に出来る対策を続けておきましょう。

 

早く流行の終息を願うばかりです。

 

 

 

 

 

話は変わり

先々週のことになりますが、

専務は今年も

フィリピン・ミンダナオ島

ダバオ市に行ってまいりました。

 

 

目的は、

今年も、

そうです‼︎

 

 

当社のお取引先の会長様が生まれ育った

この地

この地に学校を建てられ、

そして、ここに日本の野球を広め、

ダバオの子供たちに夢を持ってもらいたい!

そのような想いではじまった

 

 

DAVAO CITY BASEBALL CUP

この開催にあたって

ボランティア活動のお手伝いとして

毎年同行させていただいております。

 

 

この大会も

14回を迎えました

 

 

私自身としては

今年で7年目の訪問となりました。

 

 

毎年少しずつ大会運営も充実し、盛大になってきていると感じます。

 

 

 

長きにわたりスポンサードされているのは

東京吉祥寺ライオンズクラブさんの

国際ボランティア活動

であります。

 

 

そして現地の多くの方々・各種団体様、たくさんのお力添えにより

この大会が行われている事が素晴らしい事だと思います。

 

 

 

 

※今年も盛大に出迎えてくれました

 

 

 

ここ何年かでは、フィリピンの教育省の支援が強化され始め、

大会会場の学校では設備も少しずつ整い、

ホスピタリティも整えていただいていて

過ごしやすい環境になっています。

 

 

また今年の1月には、JICA(国際協力機構)様のご支援により、

読売巨人軍による野球教室が開催され、

ダバオ市の子供たち200人近くがプロ野球選手から直接指導してもらえる機会もできました。

 

 

このフィリピン・ダバオ市に野球が本当に根付き始めていることを実感します。

 

 

 

今年の大会期間中にも、

関係者の方々との話の中に何度か出てきたお言葉は、

このダバオ市からプロ野球選手を育て、日本のプロ野球にデビューさせられないか‼️

というお話が出ていました。

 

 

 

 

 

プレイを見ていても、

潜在能力の高い選手もいます。

育て方や環境が整えば十分に通用する子たちが生まれてきそうです。

 

 

考えただけでもワクワクする話です。

 

ただし現実はそんなに簡単なことではないのは確かだと思います。

その実現に近づいていくために、たくさんの方々がこの15年近く支援を積み重ねてきたのだと思います。

 

 

これだけの活動をここまで継続されてきたことの

 

大きさ

 

深さ 

 

 

7年間、毎年その変化を共に見させていだけたお陰で、

この活動の 大きさ・深さを少しだけ理解出来るようになってきた気がします。

 

 

表面的な事を見て感じることは簡単ですが、

継続する中には、

やり方・関わり方・支援の仕方

変化していくものなんだと思います。

 

 

是非この大会が、より良い活動となっていくように微力ながら関わらせていただけたらと思います。

 

 

 

 

来週もダバオからの情報をお伝えします。

 

 

去年もおじゃました花屋さんをレポートします。

それではまた来週お会いしましょう(^^)

 

 

 

Facebook