• Instagram
  • Facebook
  • HANATOMO ONLINESHOP
  • お知らせ一覧
  • 届けたいメッセージ
    • 会社概要
    • 施設情報
    • 採用情報
  • 私達の事業紹介
    • ウェディング
    • フューネラル
    • メディア掲載
    • イベント
    • 店舗
  • 地域プロジェクト
  • 店舗のご案内
  • お問い合わせ

スタッフブログ

2017.12.17
【なかしーブログ更新♪】「アイビーの紹介」の巻

 

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

日曜日担当のなかしーです✌✌

 

 

 

 

今年が終わるまであと2週間!!

その前にクリスマスだ!!!

なかしーJr.になにあげるか決めないとだ!!

 

 

今回はアイビーの紹介です!

 

img_2960

 

 

アイビー(へデラ)キヅタ属  ウコギ属の一つ。

 

ヨーロッパ、北アフリカ、アジアなどに分布し、日本にはキヅタが分布する。常緑のつる性植物で葉が美しいものがあり、観葉植物にされるものもある。繁殖は挿し木で行ないます。

ツタには「他人の空似」が少なくない。秋に紅葉し、冬に落葉するツタはナツヅタ、常緑のキヅタは、フユヅタとも呼ばれる。ヤツデと同じウコギ科で、ヤツデに似て、五弁の花がかんざし状にかたまって咲きます。

 

img_2958

 

植物に付けられる花言葉は、その植物の生態や花葉の形などのイメージから付けられる場合や、古くからの習慣などから付けられる場合があります。では、アイビーにはどんな花言葉があるのでしょうか。まず、花嫁のブーケや結婚式のフラワーアレンジメントに多く使われる理由にもなっている、アイビーの一般的な花言葉からご紹介!!

 

「永遠の愛」・「結婚」

アイビーは木や壁にツタを延ばして逞しく成長し、どんな季節でも緑の葉を茂らせます。枯れることのないイメージから、中世ヨーロッパより変わらぬ愛情を示すシンボルとして使われていた歴史があります。そのため、「永遠の愛」という花言葉が付けられています。また、結婚を司るギリシャ神話の女神の祭壇の飾りに使われることから、「結婚」という花言葉が付けられているようです。このことから、アイビーは日本でも花嫁のブーケを始めとする結婚式に纏わる飾りに使われることが多い植物です。

 

 

「友情」・「不滅」・「誠実」

アイビーがツタを延ばしていく様子から、絆や強い繋がりをイメージして「友情」という花言葉も付けられています。他にも、季節を問わず常緑で生命力に溢れる様子から、永遠の生の象徴として「不滅」という花言葉が付けられています。また、しっかりと木や壁に根を生やしていくイメージから「誠実」という花言葉も付けられているようです。

 

 

結構いい花言葉!!

 

 

img_2955

 

アイビーの一般的な花言葉をご紹介してきました。アイビーが結婚式によく使われる理由がわかりましたかね?ところで実は、「永遠の愛」「結婚」「不滅」と言った素敵な花言葉の他に、アイビーには少し怖い意味の花言葉が付いているのです。愛情溢れる花言葉を持つアイビーの、もう一つの顔についてご紹介します!

 

 

「死んでも離れない」

木に絡み付いてツタを延ばして離れることのない様子から、アイビーには「死んでも離れない」という少し怖いイメージの花言葉が付けられています。死んで生まれ変わっても一緒にいよう、という愛情を伝える花言葉とも言えますが、メッセージとして花言葉を添えて送るには少し慎重に相手を選ぶ必要があるかもしれませんね!!

 

 

ちょっと怖いですね!笑

 

 

 

アイビーは暑い季節にも寒い季節にも葉を茂らせる丈夫な品種で、観葉植物に慣れていない方でも簡単に育てることができます。また、日陰でも育つアイビーは屋内の日当たりの悪い場所にも置けるため、お部屋のどんな場所でも置くことができます。そのため、手軽にすくすく育つ姿を贈られた方に楽しんでもらうことができます!!

 

 

インテリアや他の植物ともマッチしてくれるアイビーを可愛らしく飾ってみてはどうですか? 

 

 

 

自分も家の玄関に飾ってます!!

造花ですけど、、、、、、笑

 

img_2969

 

 

img_2970

 

 

 

img_2967

 

 

 

 

 

では、また来週✌✌✌✌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook

ブログ

2017.12.17
【なかしーブログ更新♪】「アイビーの紹介」の巻

 

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

日曜日担当のなかしーです✌✌

 

 

 

 

今年が終わるまであと2週間!!

その前にクリスマスだ!!!

なかしーJr.になにあげるか決めないとだ!!

 

 

今回はアイビーの紹介です!

 

img_2960

 

 

アイビー(へデラ)キヅタ属  ウコギ属の一つ。

 

ヨーロッパ、北アフリカ、アジアなどに分布し、日本にはキヅタが分布する。常緑のつる性植物で葉が美しいものがあり、観葉植物にされるものもある。繁殖は挿し木で行ないます。

ツタには「他人の空似」が少なくない。秋に紅葉し、冬に落葉するツタはナツヅタ、常緑のキヅタは、フユヅタとも呼ばれる。ヤツデと同じウコギ科で、ヤツデに似て、五弁の花がかんざし状にかたまって咲きます。

 

img_2958

 

植物に付けられる花言葉は、その植物の生態や花葉の形などのイメージから付けられる場合や、古くからの習慣などから付けられる場合があります。では、アイビーにはどんな花言葉があるのでしょうか。まず、花嫁のブーケや結婚式のフラワーアレンジメントに多く使われる理由にもなっている、アイビーの一般的な花言葉からご紹介!!

 

「永遠の愛」・「結婚」

アイビーは木や壁にツタを延ばして逞しく成長し、どんな季節でも緑の葉を茂らせます。枯れることのないイメージから、中世ヨーロッパより変わらぬ愛情を示すシンボルとして使われていた歴史があります。そのため、「永遠の愛」という花言葉が付けられています。また、結婚を司るギリシャ神話の女神の祭壇の飾りに使われることから、「結婚」という花言葉が付けられているようです。このことから、アイビーは日本でも花嫁のブーケを始めとする結婚式に纏わる飾りに使われることが多い植物です。

 

 

「友情」・「不滅」・「誠実」

アイビーがツタを延ばしていく様子から、絆や強い繋がりをイメージして「友情」という花言葉も付けられています。他にも、季節を問わず常緑で生命力に溢れる様子から、永遠の生の象徴として「不滅」という花言葉が付けられています。また、しっかりと木や壁に根を生やしていくイメージから「誠実」という花言葉も付けられているようです。

 

 

結構いい花言葉!!

 

 

img_2955

 

アイビーの一般的な花言葉をご紹介してきました。アイビーが結婚式によく使われる理由がわかりましたかね?ところで実は、「永遠の愛」「結婚」「不滅」と言った素敵な花言葉の他に、アイビーには少し怖い意味の花言葉が付いているのです。愛情溢れる花言葉を持つアイビーの、もう一つの顔についてご紹介します!

 

 

「死んでも離れない」

木に絡み付いてツタを延ばして離れることのない様子から、アイビーには「死んでも離れない」という少し怖いイメージの花言葉が付けられています。死んで生まれ変わっても一緒にいよう、という愛情を伝える花言葉とも言えますが、メッセージとして花言葉を添えて送るには少し慎重に相手を選ぶ必要があるかもしれませんね!!

 

 

ちょっと怖いですね!笑

 

 

 

アイビーは暑い季節にも寒い季節にも葉を茂らせる丈夫な品種で、観葉植物に慣れていない方でも簡単に育てることができます。また、日陰でも育つアイビーは屋内の日当たりの悪い場所にも置けるため、お部屋のどんな場所でも置くことができます。そのため、手軽にすくすく育つ姿を贈られた方に楽しんでもらうことができます!!

 

 

インテリアや他の植物ともマッチしてくれるアイビーを可愛らしく飾ってみてはどうですか? 

 

 

 

自分も家の玄関に飾ってます!!

造花ですけど、、、、、、笑

 

img_2969

 

 

img_2970

 

 

 

img_2967

 

 

 

 

 

では、また来週✌✌✌✌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook